前髪が薄い男へ

分かりやすい薄毛になる原因は下の方でピックアップしているが、取り敢えず前髪の薄っぺらい男の人がどう応対していくのがベストかということ提案します。

前髪の薄さをヘアースタイルでフォローするポイント

さしあたっていつでもで可能な改善策は、前髪の薄毛の不快感を最低限にとどめることを意識してヘアースタイルを適合化しておくことです。

その他の解決案は一番早くても3ヶ月より必要となるので、なによりもまずヘアースタイリングだけでも応対してしまって、並行してそれ以外の改善案を行っていくという考え方がポイントです。

前髪の薄毛の嫌悪感をヘアースタイリングで補うには、何種類かのキモがあげられます。

生え際をムリにカムフラージュしない

ツムジあたりから長いヘアーを運んできて生え際に覆いかぶせるみたいな感じでひた隠している人が著名人でもいらっしゃるようですが、皆さん勘付いていますし、むしろ目も当てられないという評価がほとんどです。。

前髪が長いとより一層スケスケに受け止められる

髪の劣等感に合わせたサロンの成功ケースの中からの引用だと思われますが、左の画像のとおり前髪は長くしてしまうと輪をかけてスキマが際立ってしまうもの。
一方右の画像でもわかる様に生え際を見せた状態で衛生的なヘアースタイリングを採り入れる方が満足できます。

そのまま前髪を短くしておけばオーケーだというものでもなくて、トップに容量が生じるように総合的なつり合いを取る事で嫌な感じがここら辺くらいまで克服できます。

前髪が薄いメンズタレントの写真の真似をして挑戦する

ヘアースタイリングはあなた自身の顔の印象とトータルでイメージが影響されるので、可能だとすれば自分自身に系統の近いタレントで髪の毛が少ないの人がいらしたら、どのようなヘアースタイリングが似合うかの良い例となると言えるでしょう。

前髪の薄さを補えるヘアースタイリング

ソフトモヒカン

つむじ周辺まんなかのラインが、どこと比較してもも長いソフトモヒカン。
側は短く刈り込むのが一般的です。
頭の形が3次元的になり、スポーツ刈りのひとつとして注目されているヘアースタイリングですね。

単純にサイドを剃るであるとか、段差をつけて短く刈り込む必要性はない。
日本人の頭の形をより3次元的に見えるようにするので、日本人男子のヘアースタイリングスポーツ刈りの1つとして広まっている。

サイドは地肌が見受けられるほど少なくするのがスタイリッシュなので、生え際が透け透けにても人目に触れないヘアースタイルです。

トップに視線が行くという意味を込めても前髪の薄さがわからないようになります。

お手本になるソフトモヒカンの著名人:渡辺謙、岡崎慎司 など

ツーブロック

つむじあたりの髪は長く、耳の上あたりから下は刈り上げるツーブロック。

80年代にとんでもなく人気が過熱した後見かけなくなりましたが、2011年ごろから小栗旬・伊勢谷友介・オダギリジョーらが元となってブームがふたたび一世風靡しました。

ツーブロックも上のソフトモヒカンと同じ様なもので側を刈り上げるので前髪の薄さが、M字部分などは目に付きにくくなるはずです。

近頃のツーブロックの解釈はかなり広くて、ソフトモヒカンとまるで同じもの、長いところにパーマを使ったものアシメやオールバック、七三分けなど広範囲の組み合わせを満喫できます。

手本になるツーブロックの有名人:本木雅弘、加藤浩次、ロバート馬場、石川遼、ARATA など

坊主

坊主であっても、ヘアースタイルのカタログに目を向けるとGIカット、ベリーショート、いくらかソフトモヒカン、ところどころツーブロックもボウズタイプとして載せられているようですね。

坊主頭のユーザーは、薄毛は目を引きたくないけどこれといってハイセンスにもしたくないというヒトには手堅いセレクトとしていいと思います。

けれども、頭のフォルムがじかにそのまま出るという傾向が見られるので、フォルムに自信が持てない人は輪郭に都合の効くソフトモヒカンの方が賢明かもしれませんね。

重要な点

ここまでは3タイプのヘアースタイルをピックアップして来たわけですが、関係するポイントは
短い
ムリにカムフラージュしない
疑われやすいみたいに見えない割合がポイント
という点かと言っても過言ではありません。

あたり前のように見えて前髪の薄さが注目を集めない配分のポイントは
サイドが短い
トップに容量をプラスする
トップの密度が濃く映る
と意識することが大事みたいと考えます。

そういう理由から注目度はトップに一ヶ所に集中する、視覚的に曖昧模糊になる、また小綺麗さが上向いて印象を受けるようです。

それに対し髪を長く育ててしまうと、誤魔化そうとしているつもりが無駄に注目を集める、注視する視点によって人為的になる、という風に逆に前髪の薄さが目を引くことに繋がるケースが多いと言えます。

上でご紹介した3タイプの髪型を基礎形ということで丁寧に探し回ってみたら幾つものヘアースタイルがあります。

保護テクニック

育毛剤

医薬部外品の育毛剤には脱毛を差し止める効き目を掲げることが承認されています。

広告表現としては、育毛、薄毛予防、脱毛予防、発毛促進、毛生促進、養毛などが認められます。
引用:薬事法マーケティングの教科書

 

育毛剤が効くとは?でも記載しましたが、プロペシアも保護・進行遅延がターゲットと評されています。

 

そのため、同じような保護なら副作用とは無関係の育毛剤の方が長期間に亘って続けやすいというのも、育毛剤が一目を置かれる理由というわけです。

 

ヘアースタイルのアイデアで前髪の薄さが意識することがない状況にできるなら、ごり押しでAGA施術をしないでこれ以上の脱毛の阻止を確実にやるといった方法も悪くない選択肢です。

ライフスタイル

フードスタイル

食生活が髪の調子に影響を及ぼすというのがプロペシアの製薬会社MSDのウェブサイトに指示されています。

髪の主成分は「ケラチン」というタンパク質の一種です。そして「ミネラル」がケラチンの合成を促進します。
したがって、タンパク質を多く含む肉類、魚や大豆製品、ミネラルを多く含む海藻などは積極的にとるようにしてください。できるだけバランスのよい食事をとることが大切といわれています。
引用:MSD一般啓発サイト

 

時間に追われているとインスタントフードづくしや、野菜が多くない食生活にかたより気味だと思いますが、そうなってしまうとさっきの記述にあるバランスが取れた献立からなお一層離れていくと考えられます。
たんぱく質やミネラルに気を配るまでは困難かもしれませんが、とりあえずは偏食を控えるところからスタートしてみましょう。

 

睡眠が足りない状況

睡眠が足りないことが毛髪の育ちに歯止めをかけるという事はこちらに記されています。

睡眠不足は髪の毛の成長を妨げて しまいます。
夜更かしは避けて、十分に睡眠をとるようにしましょう。
引用:板見智教授(大阪大学)監修の資料より

 

睡眠が不足している状況にはベッドに入る前の慣習が影響を及ぼしています。

不眠の人は寝床で本を読んだりテレビやラジオを視聴したりすることが多いのですが、これも不眠症には大敵です。ベッドで睡眠以外のことを習慣的に行っていると、横になるだけで自動的に頭が活性化して目が覚めるという、やはり不眠の条件付けが作り上げられてしまいます。
引用:睡眠医療プラットフォーム(国立精神・神経医療研究センター)

 

ベッドに入るギリギリまでスマートフォンに触れている人は、まず目前からライフスタイルを変えてみるものよいでしょう。

 

眼精疲労感

眼精疲労が脱毛を招く原因に繋がってしまうと掲載してあるウェブサイトはいっぱいいます。

 

そのロジックとしては、眼精疲労でL-システインが消耗されると、髪の産出に活用されるL-システインが欠乏するというものでした。

 

その一方で今回、ダイレクトに眼精疲労が脱毛に関係するという記録は探し出せませんでした。

 

そうした背景がありますから、眼精疲労とシステイン、システインと毛髪についてひとつひとつ調査していると、次のデータが見つかりました。

 

眼精疲労を回復させるためには、システインという物質が必要になります。
引用:美容皮膚科シロノクリニック

 

システインが発毛機序または再生した毛の成長等に何らかのかたちで関与しているのではないかということを示唆してい る。
引用:ハイチオールカプセルの円形脱毛症に対する治験成績

 

この文書自体を、眼精疲労がダイレクトに薄毛に影響を与えるとジャッジするかは不確定ですが、上記の睡眠が不足している状況への回答とも兼ねて、深夜までのスマートフォン、コンピュータ端末、テレビ番組など眼精疲労にも達するライフスタイルを控えるのも良いのではと思います。

 

フラストレーション

フラストレーションの髪に対する影響はこのように掲載されています。

過剰なストレスは自律神経を乱すため、頭皮や髪によくありません。趣味やスポーツなどで、上手にストレスを発散しましょう。
引用:板見智教授(大阪大学)監修の資料より

 

タバコの愛用

タバコの愛用の髪への影響力はこういったふうに載せられています。

喫煙すると血行が悪くなり、髪の毛に十分な栄養がいかなくなります。 できるだけ禁煙することをおすすめします。
引用:板見智教授(大阪大学)監修の資料より

 

飲酒

アルコールの髪への作用は薄毛医療を行うクリニックが集まって形成しているヘアメディカルグループのホームページで、このように載せられています。

アセトアルデヒドは、脱毛・抜け毛の原因ホルモンと言われている脱毛を促進させるDHT(デヒドロテストステロン)という物質を増加させてしまうため、薄毛になる原因と言われています。
引用:ヘアメディカル

 

頭皮環境の乱れ

頭皮環境の髪への作用は発毛・育毛専門サロン「バイオテック」のサイトで、このように開示されています。

髪の毛を生やす「畑」とも言える頭皮も、体の他の皮膚と同じく汗をかき、皮脂を分泌しています。だから、汗をたくさんかく季節には毛穴に皮脂がつまりやすく、雑菌が繁殖。頭皮の血行が悪くなり、抜け毛を招きます。
引用:バイオテック